FC2ブログ

お知らせ

FBではすでにお仕えしていますが
ここでもアナウンスさせていただきます。

4月25日から30日(祝)まで
ギャラリーカフェ アルル。にて

写真展やります!
大学の先輩2人とプロのカメラマンに混じってやります。


4人展表

4人展裏


今回は旅の写真あれこれ21点ばかり展示します。
お暇な方、私のファンの方?(そんなのいるんかい?)
どうぞ見てやってください。

週末と祝日の28・29・30日は在廊しています。
よろしくお願いいたします!





スポンサーサイト

夏のスペース展

ぼーっとしてたら
もう7月じゃないですかっ!

ここんとこ公私ともに忙しい毎日です。
気がつくと8月に開催のスペース展まであとわずか、
おっといけねぇ、作品準備しなきゃ。

スペース展「みち」は多摩境にある「ギャラリーカフェ アルル。
夏の恒例である展覧会。
8月を全部使って4部構成の展覧会です。


私とかみさんは
第2部 2016年8月9日(水)〜13日(日)に出展します。

今回は大判のモノクロプリントで臨みます。
テーマは里帰り。


長瀬地区

私の親父の生家の近くの小川。
ほぼ50〜60年変わらない景色。
昭和初期の原風景がいまだに存在しています。

蒲江地区

佐伯市の南東部に位置する蒲江の海。
季節外れの海が夏を待ちきれないように見えました。

だれもが心の中に持っている故郷を表現したく
このシリーズは続編も考えています。
それはまた近々。



万里子作品


かみさんはシルバーアクセサリーの新作を4〜5店出品します。

お時間があれば是非ご覧頂けたら。はたまた気に入ったら購入くださいね!

ではでは、お待ちしております。


圧倒された展覧会。

連休中日の火曜日。
昼間の空いた時間にアルフォンス・マリア・ミュシャの「スラブ叙事詩」を観賞に行った。
ミュシャがパリを離れてからの晩年の作品(1912〜1926)20点。
いわゆる我々が知っているグラフィックな作品とはまるで世界観が違う作品たち。

会場に入った瞬間からその大きさと、画力、構成力にもう
ただただため息が・・・ものすごく良い!

6×8メートルもの大作をどうやって描いたんだろう?
こんな大きなキャンバス、継ぎ目もない、当時このサイズがあった事にも驚く。

会場である国立新美術館の空間も良かったです。
大勢の入場者にもかかわらず、作品が大きい事と会場が広い事でとても見やすい。


アルフォンス・マリア・ミュシャ「イヴァンチツェの兄弟団学校」

アルフォンス・マリア・ミュシャ「ロシアの農奴制廃止」

アルフォンス・マリア・ミュシャ「スラブ民族の讃歌」

アルフォンス・マリア・ミュシャ アップ

アルフォンス・マリア・ミュシャ「スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」

おまけに写真OKのコーナーもあり
帰ってからも2度楽しめる。

後年ミュシャが描きたかった故郷のチェコとスラブ民族への愛が
壮大な叙情詩になっていてまるで映画を観ているような錯覚に陥る。

私感ですが、かれは優秀なカメラマンであり、ライティング技師であり
グラフィックデザイナーなんだと思った。
光と影の演出、幾重にもレイヤーされていて立体感と、
相当計算された上での1枚1枚なんだなと。

見終わった後に1Fでやってた草間弥生を見たけど
(基本好きじゃないので)何にも感じなかった・・・

これは会期中もう一度見に行きたい展覧会です。
とにかく凄い!

国立新美術館

美術館をでてしばらく放心状態でした。
あ〜水玉、気持ち悪いんですけど・・

アフリカに行って来た。

やっとアフリカに行けました。

と言っても、写真展。

前から行きたかったのだが24日で終わってしまうので
打合せで外出したその足で新宿のコニカミノルタプラザへ。


アヌップ・シャー写真展


迫る来る動物達、その躍動感、空気感、アフリカの大地の匂いまで
醸し出す。動物の皮膚感まで再現されていました。いや〜素晴らしいの一言。圧倒されました。
アヌップ・シャーって言う写真家の作品で、モノクロの大判の写真が31点。
会場がアフリカのサバンナになっていました。

ここまで近づいて撮るって命が幾つあっても足りないのでは??
実際にカメラが5台踏みつぶされたようです・・
人間じゃなくて良かった。

こんなに凄い写真展が入場無料!コニカミノルタさんやりますなぁ〜
詳細は→マサイマラ



金の美2weeks本日終了。

2週間ばかりブログが沈黙しておりました。
と言うのも9月の7日から〜本日まで「銀座ジャック2016」を開催していて
自分の展覧会も含め、グループ展、企画展、パーティーの司会等
あっ、もちろん仕事も忙しく全くブログには手を付けられない状態でした。

忙しくとも楽しい展覧会でした。
家族展には350名もの方々においでいただき、感謝感激あめあられです。
ほんとうにありがとうございました!!

家族展「戸田家ファミリー展」
9月15日〜20日までやっていました。


伸二作品

私の作品。


万里子作品

万里子の作品。


俊作作品

息子、俊作の作品。


悠子作品

息子のお嫁ちゃん、悠子の作品。


皆さん楽しんでいただいたみたいでホッとしています。
懐かしい出会の繋がりがあったり夢のような6日間でした。
不在時に来ていただいた方、すいませんでした。



13日から始まった「The BYOBU展」
今日までで延べ1600名程(正確ではないですが)来場者があったみたいで
これも大好評でした。


伸二屏風

私の屏風。


屏風万里子作品

万里子の屏風。人気投票で結構上位でした。
自分のデザインしたネクタイの生地を使った「チビタイ」。

そのほか88点の屏風が飾られていました。

The BYOBU展


金美OB・OGたちで構成される
KANABIあ・そ・び・隊展、も参加
昨日は最終日でした。

あそび隊展


土曜がパーティー、日曜、あ・そ・び・隊の撤収
で、本日が最後、BYOBUの撤収作業があり、完全に銀座ジャックは終了です。

ほんと、疲れた・・・でもそれと同じくらいの達成感があり
楽しかった。

でも11月には大団円が金沢で待ってます。
まだまだ金美のイベントはつづきます。








プロフィール

gogoshinchan

Author:gogoshinchan
神奈川県川崎市在住、アートディレクター。いろんな楽しいことに頭をつっこみ、パワーを注ぐ中年の日々の生き様をご笑見ください。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HELLO!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR