FC2ブログ

揺れる帰省。

先週の金曜日(15日)から以前から予定していた
大分は佐伯の実家へ帰省していました。
まさかこんな大変な状況の時に帰省するとは思わなかった。

出発前日に地震の事を知り、兄貴と電話で話し、実家とも電話して
たいした事はないようなので、そのまま出発。
この時はまた大分の交通網は通常運行。


川崎上空

飛行機は嫌いだけど、空からの景色は良いもんです。
下の方には着陸態勢に入った飛行機が飛んでいます。

飛行機も揺れず、快適な空の旅。

しかし、実家に着き初日の夜に本震とみられる大きな揺れがやってきました
深夜の1時35分くらいだったかな?
突然のあの嫌な警告音。その後の大きな揺れ!
取り急ぎ母親の布団まで行って見守る。
TVをつけ、その大きさに目が冴える。その後も
何度も警告音が鳴り、寝てられない。
朝方まで鳴っていたのでほとんど一睡も出来ずに朝を迎えました。

阿蘇地方が凄い事になっていた、そして大分の
別府、由布もかなりの被害が出ている事を知る。
こりゃ大事だ、しかも阿蘇山まで噴火するではないか・・
追い打ちは土曜の10時過ぎに
日向灘で震度6の警報が鳴りだす。
落ち着いて屋外に出ようとするも
こんな状態でなかなか落ち着いてたりはできないもので
高齢の両親をとりあえず外まで連れ、様子をみるも
全く揺れは来ない、ん??
震源が海なので津波もあり得る、避難先も確認して構えているが
いっこうにうんともすんとも

やがて速報のデータ自体が消えてしまっていた。

あとでTVで知ったんだが、あまりに同時にあちこちで揺れていて
地震計が誤作動を起こしたようだ。
そんな事があるとよけいに心配になる、肝心な時に正しく作動しないと
どうなるんだろう?ただただ不安が大きくなるだけだ。

熊本・阿蘇・別府で大きな被害が出たけれど
幸いにも佐伯はその後大きな揺れはなくなり
一安心だったけど、従兄弟が教えている別府の高校は
かなりの被害が出ていたらしく、日曜は早々に学校に向かったようだ。

今回の帰省は両親の様子を見に行っただけだったのだが
予想外の展開でいつもより密に居られたような気がした。
高齢者二人だけの生活では、大きな揺れがきても
すぐさま避難も出来ないし、家は大丈夫だろうと言う
楽観的な考えで、きっと家の中で動かないでいるだろう。
被害者で高齢者が多い理由が良く解った。
そう言う意味では今回のタイミングで帰ってこれたのは良かったのかな?

怖い思いもしたけど、美味しいものも沢山食べた。

夕餉

綺麗な景色も沢山見た。

波当津海水浴場

波当津海水浴場、白い砂が人気の県内屈指のビーチ

佐伯マリンカルチャー

蒲江のマリンカルチャーセンター、子どもが小さい頃良く遊びに行った。



最終日はご先祖様の墓参り。

墓参り

父親の生家の跡地も行った。

おやじの実家跡地

栗の木、びわの木、かぼすの木
畑にはタマネギ、サツマイモ、ニンニク、甘夏、ブルーベリー、(兄は週末ファーマー)が植わっていた。

何時帰っても変わらない田舎
ありがたい事です。こんかいしみじみ思いました。
忘れられない帰省になりました。

被災された方々にたいして出来る事はしていこうと思います。







スポンサーサイト

鎌倉おまけ

友人から写真割愛するなと要望がでまして
おまけ篇です。



割愛その1
「なかむら庵」の蕎麦。
ざるそばでした。

そば打ち


なかむら庵蕎麦


お店の前で蕎麦を打ってます。
細ぎりで蕎麦の香りが素敵です。


庭園


うぐいすの鳴き声以外静寂に包まれた庭園。
日本最古の禅庭園です。


納言しるこのクリームあんみつ


歩き疲れたあとの甘いものは格別。
かみさんはぜんざい、わたしはクリームあんみつ。
何年ぶりに食べたんだろう?美味しかったぜ。

5月は長谷寺近くの蕎麦屋で蕎麦を食う予定です。
それではまた!




鎌倉プチ好楽日記

先週の日曜日、夫婦で鎌倉に行ってきました。
昔なら車で行く所ですが、すっかり酒好きになってしまったので
もちろん、電車でGOです。

目的はお蕎麦と甘味を食べる事+建長寺。
11時過ぎに鎌倉駅に到着、そのまま蕎麦屋「なかむら庵」へ
しかし・・相変わらず小町通りは激混みです。
まるで竹下通りが巣鴨通りのようです。


鎌倉小町通り


開店が11時半なので軽く15分まって
もりそばとイタワサとビールで景気付け。
FBで写真を載せたので割愛。


新緑


鎌倉も桜は終わり、しかし山々の木々は新緑の入り交じった
良い色合いをみせてくれました。
この季節は結構好きです。


建長寺仏殿


しばらく歩いて建長寺に到着。
ここはハイキングコースで裏から入るのも含め今回4回目かな。
いつ行っても落ち着いた良い所。
北条時頼によって建立された日本の最初の禅寺らしいです。
仏殿も威圧感がありますなぁ〜


花絨毯


桜は終わってしまっていたが、花絨毯が素敵でした。
若葉の混じった桜もまた風情がありますなぁ〜


法堂天井画


合掌一礼して法堂へ
こう言う時は神様じゃないから何をお願いすれば良いのか解らず
とにかく通常の平和が続きますように・・(バチはあたんないよね)
上を見上げると実に立派な天井画が
これまた凄味がありますなぁ〜


方丈内


いちばん奥の方丈(龍王殿)にて庭園を見学し(FB投稿済み)
鳥の鳴き声しか聞こえない方丈内を通って外に出る。
門を出るまでは歴史の時間が止まったかのような疑似体験が出来る。
それだけでもやはり大した寺ですなぁ〜


ミス鎌倉


帰りは途中から鶴岡八幡宮に入りこんどはちゃんとお参りし
甘味処を目指す。
ここでは丁度鎌倉祭りをやってたらしく凄い混みよう
舞殿ではミス鎌倉達がお祭りに華を添えていた。
奇麗なもんじゃのぉ〜

〆に納言しるこを食って帰る。
滞在時間4時間だったけど、十分楽しめた。
また来月来るしね。

自宅から1時間15分
何度来ても飽きる事はない、見所がいっぱいの鎌倉。
神奈川って良い県だよな〜観光名所だらけだもんなぁ〜





銀座ギャラリーめぐり

みなさま、お久しぶりです。
またまたすっかりサボってしまいまして
気がついたら桜も散ってしまったではないですか・・

今週はなんだか変な週でバタバタしていたかと思ったら
急に暇に・・そんな時は見たかった展覧会へ。

銀座のART GALLERY M84と言う場所で
大好きな写真家の1人、BETTINA RHEIMS ベッティナ・ランスの写真展を見てきた。
彼女の代表作の一つ、常に混迷する性をモチーフに
架空の男の視線を意識したフィクションの「Chamber Close/密室」。
ストリッパーがモデルになっていて
どれも大胆なポーズ、だけどとても美しい。
陰影の強さを強調することで独特の肌の艶やかさが際立つ。
女性だからこそ写せる世界なのかもしれない。
やっぱり印刷ではないオリジナルのプリントは良い!!


BETTINA RHEIMS


その後大学の先輩の個展会場へ向い
業務連絡などを交わし、ギャラリーを訪ねてきたおじさまと
ワインなんぞ飲みながら色んな楽しいお話をする。
格好良い80代のおじさま、こんな風になりたいな・・

デ、ほろ酔いで奥野ビルのとあるギャラリーオーナーと
9月の大展覧会に関する打合せ、企画展の提案とか受ける。

ついでにEIZOギャラリア銀座にて写真展を覗く。

自分も9月に銀座で展覧会をやるので
展示方法とか額装のアイデアハンティングも含め歩き回る。
9月は家族展で写真を展示するつもりなのだが
いろいろギャラリーを回って行くうちに
個展・・・なんて・・・やって見たくなる。

とりあえず今日が暇であった事に感謝?ってのも変だが
いろんな刺激を受けてきた。

9月のアナウンスはまた近づいたらしますね!


プロフィール

gogoshinchan

Author:gogoshinchan
神奈川県川崎市在住、アートディレクター。いろんな楽しいことに頭をつっこみ、パワーを注ぐ中年の日々の生き様をご笑見ください。

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HELLO!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR