FC2ブログ

大分旅行-3

 3日目は国東へ。

いままで55年生きていて生まれ故郷なのに
一度も足を踏み入れた事のない
国東半島の中心部、お寺、仏様めぐりに行ってきました。

まずは豊後高田市の熊野磨崖仏へ

鋸山と言う山の麓のお寺さんから
急な階段をのぼりしばらく行くと
左手に巨大な不動明王と大日如来がいらっしゃいました。
迫力あります。

大日如来像

不動明王像

スケールの大きな磨崖仏に時間の経過も忘れてしまいそうでした。

続いて真木大堂。

ここは国の重要文化財の木造だらけで迫力満点!
写真は撮れなかったのでみなさんWEB等でご覧下さい。
牛にまたがる大威徳明王像、珍しい木彫像です。

お腹が減ったのですがこの道沿いにはまるで
食べもの屋が無い、地元の人に聞いて
次ぎに向かう富貴寺周辺には沢山あるらしい。

ランチもかねて富貴寺へ。

国宝である富貴寺大堂

本日は天気も良くお堂の中まで入る事が出来
極楽浄土を描いた壁画も見られた。

富貴寺の向いの食堂でだんご汁をいただいて
一番興味のあった両子寺へ


国東の中心に位置するこのお寺は
さらに奥深い感じのするお寺
718年に開かれたというのがもうビックリ。
この地域はすべてこの年代から仏教の信者たちの
巡礼地であったのかと思うと
その信仰心の厚さに関心。
歩いてこの地を回るなんて・・・


ここでは奥の院本殿がことのほか素晴らしく
千手観音、両子大権現、宇佐八幡神 等がまつられて居ます。
不老長寿と子授けの祈願霊場らしいです。

そこで身体健全祈願をしてきました。

本堂の裏の岩をくりぬいた霊場で健康祈願を・・


ほぼ1日で1/4くらいしか見られなかった。

また機会があったらまた行きたい所です。

しかし、こんな山深い所にこんなに多くの霊場がある
国東半島ってなんで今まで興味が湧かなかったのだろう?
歴史の重みに時間もなにげにゆっくりと経過しているような気がした。

う~ん。大分は佐伯、別府、湯布院、国東、竹田、と
それぞれ世界観の違う場所があって素晴らしいところだな
生まれた地なのに知らない事が沢山。

歳をとってきてさらに大分への郷愁の念が沸き立った。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gogoshinchan

Author:gogoshinchan
神奈川県川崎市在住、アートディレクター。いろんな楽しいことに頭をつっこみ、パワーを注ぐ中年の日々の生き様をご笑見ください。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
HELLO!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR