FC2ブログ

本箱さん物語。

今まで会社で使っていた本棚
特注のどでかいやつ。
大変気に入っていたのだけれども
新しい事務所には入らなかった、でもって
自宅で使う事にしたんだが・・・

自宅でも2個が限度、泣く泣く1個処分してもらった。
そんな悲しい歴史を経て(たいそうな)本を守ってくれています。


戸田家の本棚


しかし、よく見てみると、子供の残した漫画本やらが半端無く
一段に前後2列〜3列に並べないと入りきれない。
少しの隙間があったら別のものを置く。

たいそう賑やかな本箱になりました。
同じ本箱でも場所と中身でまるで違った空間になる。
どんな本が並べられようと、ぐっちゃぐちゃだろうと
全てを格納してくれるこいつはやはり頼もしい存在だ。
かくして
子供部屋は完全に親父部屋になってしまった。

でもね、基本は子供部屋なので
何時息子が帰ってきても昔の自分の部屋の雰囲気を味わえるように
最小限のものは残しています。

もう本は(洋書とか)買わないだろうな。
置き場所ないし。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

気持ちが高揚しちゃってます!

ちゃんと書き込めていたらいいんですが大丈夫でしょうか?はじめての書き込みなので少し心配です(汗)

あの…gogoshinchanさんの言葉にすごく引き込まれました、私は伝える作業が下手なもので心底羨ましいです!
自然と好きだなと思いました。

本屋さんでたまたま手にとった本がヒットだった時のような感じというのか(上手く言えずすみません)
いまは幸運から見放されてしまっているかのように、泥沼にハマり込んで抜け出せない感じが続いてしまっていて…。

だけどそんな今だからここに来れたのかもしれないで
す。
もし、もし良かったら私の悩み少し聞いてもらえないですか?

No title

マリンさん
コメントちゃんと届いてますよ。
ありがとうございます。
このブログでちょっとでも癒されたとしたら
嬉しいです。悩みなんて吹き飛ばしちゃいましょう。
プロフィール

gogoshinchan

Author:gogoshinchan
神奈川県川崎市在住、アートディレクター。いろんな楽しいことに頭をつっこみ、パワーを注ぐ中年の日々の生き様をご笑見ください。

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
HELLO!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR